スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日米密約 「説明受けた」中曽根元首相、認める(毎日新聞)

 中曽根康弘元首相は30日、NHKの報道番組で核持ち込み密約について、「私が質問して、外務省が説明したと思います」と述べ、首相在職中に同省から密約に関する説明を受けたことを明らかにした。当時の同省幹部は中曽根氏に対し、「文書はないけど慣行で、(日米が)お互いに信頼関係でやっている」と説明したという。9日に公開された外交文書では、佐藤栄作内閣当時の68年から海部俊樹内閣当時の89年まで歴代首相に説明したことが書き込まれており、中曽根氏は83年1月14日に説明を受けたと記されていた。

 中曽根氏は密約の必要性について、「大局的見地で政治の知恵だ。それまでノーと言ったら安全保障は成り立たない」と述べた。【野口武則】

【関連ニュース】
日米密約:検証委と異なる「私見」春名委員
核寄港密約:「米公文書2件裏づけ」共産・不破氏指摘
日米密約:破棄可能性の文書は6点 岡田外相が明らかに
日米密約:谷内前次官の招致、自民が難色
日米密約:文書「破棄」を第三者委で調査へ

<将棋問題>第1302回 問題(毎日新聞)
【日本の議論】永住外国人が急増する背景とその実態(産経新聞)
「伯母死んだ」4回、ウソ忌引で県職員を処分(読売新聞)
強風、総武・京葉線動かず…羽田84便欠航(読売新聞)
日本医師会長に民主寄りの原中氏(読売新聞)

想像もできない=投票代行問題で自民・青木氏(時事通信)

 自民党の青木幹雄前参院議員会長は2日午前、参院本会議での2010年度NHK予算の採決で若林正俊元農林水産相が投票を代行した問題について「本人からの電話で初めて知った。想像もできないことだ」と述べた。国会内で記者団の質問に答えた。 

“国境の島”は外国人参政権付与に反対 与那国町、壱岐市など(産経新聞)
<新種の人類>4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明(毎日新聞)
リアルな設備で運転士体験=鉄道博物館に新シミュレーター−さいたま(時事通信)
兄との再会願う「桜葬」…福知山線事故から5年(読売新聞)
<インサイダー取引容疑>化粧品販売会社役員に課徴金勧告(毎日新聞)

非日常を身近に体験…東京湾の工場夜景(読売新聞)

 若いカップルや女性グループなどの人気が集まっている川崎市臨海部を中心とした京浜工業地帯の工場夜景観光に、これまでの横浜・川崎の地元業者によるクルージングや屋形船運航に加えて、都内のバス会社や旅行会社の大手が相次いでバスツアーを新設し、参入している。

 新しい名所となった工場夜景を楽しむ観光客をめぐる各社間の競争は、過熱する一方だ。

 都内周辺の観光バスツアーで知られる「はとバス」(東京都大田区)が4月3日から新設するのが、「話題の川崎工場夜景スポット」(定員42人)。毎週土曜午後4時20分に東京駅を出発、同市川崎区の「コリアンタウン」で焼き肉を味わい、複雑なパイプやタンクがライトアップされた石油会社や製鉄会社などを巡る。

 高さ約13メートルの倉庫管理会社屋上から工場地帯の全景を眺めるのが売りで大人5980円。予約センター(03・3761・1100)で始まった申し込みも「好評な滑り出し」といい、7月末までツアーを実施する。

 一方、旅行会社最大手「JTB」(同品川区)も今年2月以降、3月19日まで3回の限定で、JR川崎駅西口を出発するバスツアー(同45人)を企画し、上々の人気。同社首都圏川崎支店(044・211・1153)は4月16日以降の第1・第3金曜夜に大人3200円で、定期運行することを決めた。

 工場夜景ツアーは「ケーエムシーコーポレーション」(横浜市西区)が2008年6月、夜景評論家丸々もとおさん(44)の提案で始めた「工場夜景ジャングルクルーズ」(同30人)が先駆け。横浜赤レンガ倉庫発着で、毎週土・日夜に運航している。

 09年10月から、JR東日本横浜支社などが、毎週金・土夜の横浜・山下公園発大人3000円で旅客船(同40人)を運航。今年1月には、毎月第2・第4土曜夕に川崎・塩浜発着の屋形船(同45人)が、大人4000円で運航を始めた。

 丸々さんは「工場夜景は、幻想的とか、SF映画のシーンとか、様々なイマジネーションを喚起させ、身近に非日常を体験できる」と説明。川崎市観光協会連合会の斎藤文夫会長も「かつて川崎市臨海部は、窓を開けられないような公害に悩まされ、隔世の感があるが、夜景を楽しんでもらえれば」と話している。

九州西岸で海面が大きく上下=沖縄は強風、注意を−気象庁(時事通信)
<救急搬送>ライブ情報で殺到 女性3人病院へ 東京・原宿(毎日新聞)
大阪・和泉寺跡から泉南を統治した地元豪族名の瓦が出土(産経新聞)
<雑記帳>謎の組織が食べ歩きラリー 大分・別府(毎日新聞)
摂食障害の受刑者死亡=過失致死視野に捜査−京都地検(時事通信)

労組事務所を使用不許可=「市民の場に利用」と説明−鹿児島県阿久根市(時事通信)

 鹿児島県自治労本部は25日、阿久根市職員労働組合が申請していた2010年度の組合事務所の使用について、市側から竹原信一市長名で不許可の回答があったと発表した。
 同本部は「不許可の不当性を明らかにし、使用が可能となるよう提訴も考える」としている。事務所は市庁舎内にあり、市側は回答書で「市政への市民参加の場などとして利用する予定で使用許可はできない」としている。 

センバツ 開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言(毎日新聞)
原発賛成2氏人事案に署名?棄権?揺れる社民(読売新聞)
通り魔?テロ?ツイッターで現場の声続々 竹下通り事故(産経新聞)
小沢氏、参院選に危機感…生方氏の解任撤回(読売新聞)
架線トラブル、全線で運転再開 閉じ込められた乗客は計4700人(産経新聞)

出資法事件で逮捕状の邦人拘束=入管法違反容疑−タイ当局(時事通信)

 【バンコク時事】タイの捜査当局は22日、バンコクに滞在していた永野衛容疑者(64)を入国管理法違反容疑で逮捕した。永野容疑者は石油採掘事業をめぐる出資法違反事件で広島県警から逮捕状が出されており、近く日本側に身柄が引き渡される見通し。
 広島県警は2007年2月、永野容疑者が社長を務めていた熊本市の石油製品輸入販売会社「ジャパンエージェンシー」が石油採掘事業などへの出資名目で多額の資金を違法に集めたとして、関係先を家宅捜索した。 

【関連ニュース】
出資法違反「女相場師」に実刑=高配当うたい主婦ら被害
危ない投資話に注意!=「必ずもうかる」、被害増加-HPで呼び掛け・警視庁
氏名確認せず携帯電話貸す=「090金融」グループに
笹川氏孫名乗り、出資金詐取=「利子30%」とうそ、56歳女逮捕
「食用油販売益で元本3倍」=1億8千万集金、会社会長ら逮捕

ネット違法情報 削除せぬ管理者、刑事責任追及へ…警察庁(毎日新聞)
開港1週間茨城空港の暗い未来 格安航空会社誘致も「色よい返事なし」(J-CASTニュース)
「消えた年金」回復ペース落ちる=ベテラン減り効率悪化−日本年金機構(時事通信)
「エネファーム」家庭で夢の発電 エコ+高い熱効率…低価格化に課題(産経新聞)
世界最大のカブトムシなど108匹盗んだ男逮捕(スポーツ報知)

核密約 河野議員「後任にどう引き継いだのか」(産経新聞)

 衆院外務委員会の19日の参考人質疑(日米密約など)で、自民党の河野太郎議員が質問に立った。

 −−森田参考人にうかがう。大平総理は急逝されたから、総理としての引き継ぎはなかったと思いますが、大平外務大臣は核の持ち込みの密約について、後任の外務大臣にはどう引き継がれたのか

 森田一元運輸相「私もつまびらかにはしませんが、まず大平外務大臣がライシャワー大使から話を聞いたときに、なかなか簡単にいかない。自分として最大の知恵を絞ってやろう、というつもりでしたので、事務的な引き継ぎにはなかなか向かないと考えて、具体的な口頭、文書による引き継ぎは、なかったと思っております」

 −−国民に対して政府が真実を言わない。良かった、悪かったという評価はあるとして、少なくとも真実を国民に言わないのは、政治決断であったはずです。本来、この件は外務大臣が次の外務大臣に、総理大臣が次の総理大臣に、政治家が政治家に引き継ぐべきものであったと思う。文書では引き継がなかったにしろ、口頭なりで大平外務大臣は後任の外務大臣に引き継ぎをされているのか

 森田氏「具体的に私自身もつまびらかにいたしませんが、大平外務大臣の考え方としては、帰ってきてすぐに事務次官を呼んだ形跡がない。呼ばなかったと思いますが、総理大臣にも報告はしたのでしょうが、具体的な解決方法については自分が考え、何か案を出さなければ、なかなか事務的に解決できる種類の問題ではないと。それが傲慢というか、思い上がりという面もあったと思いますが、もっと一生懸命考えれば解決案が考え出せて、その案をもって関係者に、こうしてはどうかということで、田中内閣のときはそういうやり方だったわけですが、そういうふうに考えていたと思います」

 −−外務大臣を辞めるときに、そのままこの話はもってお辞めになってしまった。つまり大平外務大臣の後任は、こういう問題があるよというのを逆に外務省から言われて、はじめてこの問題があることに気づいた。そういうことでしょうか

 森田氏「そもそも大平外務大臣もライシャワー大使に言われるまで、事務当局からこういう問題があるよという説明は受けていなかったと思っております。大平はライシャワー大使から話を聞いて、これは米国側が言うのももっともだ、と。日本の安全保障政策からいって、いちいち事前協議の対象とするのは適当でないと思ったと思います。しかし、日本側として、何とかしなければいかんということも同時に思っており、私が思うのは、大平外務大臣としては自分が全力で考えれば、何らかの方法が見いだせるに違いない。自分しかなかなか簡単にいかない、見いだせない種類の問題ではないかと認識しておったと思います」

 −−斉藤参考人におうかがいたい。条約局長、事務次官として何人かの外務大臣のもとで勤務された。そのときに外務大臣から後任の外務大臣に引き継がれていたのか

 斉藤邦彦元外務事務次官「引き継いでいたのか、いなかったのか、私は存じません」

 −−東郷参考人いかがですか

 東郷和彦元外務省条約局長「確実に申し上げられるのは、条約局長をしておりました間、外務大臣、総理大臣がこの問題について、どういう認識を持っておられたか、私がお仕えしたのは高村外務大臣ですが、ご存じでおられたと思っておりました。ただ、どなたが、いつ大臣にご説明したかについては、はっきりした知識は持っておりませんでした。しかし、外務省の幹部から説明がされていたと思っておりました」

 −−外務大臣が政治判断で真実を隠しているわけですから、役所が事務的に引き継ぐべき問題ではなく、政治家として次の政治家に本来言うべきものだ。大臣が代わるときには引き継ぎ書に署名をするが、斉藤参考人は事務次官として、引き継ぎ書の内容は把握されていたと思う。引き継ぎ書の中にはこの件は含まれていなかったのでしょうか

 斉藤氏「私は大臣同士の引き継ぎ書を見たことがございません。したがってその内容について把握しておりませんでした」

 −−外務大臣の引き継ぎ書は、事務方が作成しているようですが、事務次官はその引き継ぎ書の内容を確認されないのか

 斉藤氏「どういう問題を大臣にご説明するかについては、もちろん事務次官のところで検討しますけれども、できあがった引き継ぎ書自体、私の決済を経ることはございませんでした」

 −−大臣の引き継ぎ書を最終的に決済するのは大臣だけなのでしょうか。事務方が決済することはなかったのでしょうか

 斉藤氏「私の知る限りでは、事務方の決済というのはなかったと思います」

 −−先ほど東郷参考人から、二重丸を付けたもののうち8つ公開がされていないという話がございました。そのうちの2つが高橋・マウワーの会談記録。もう1つが松永条約局長の日誌風のメモということですが、あとの6がなんであったかご説明を賜りたいと思います

 東郷氏「いま手元にその文書を持っておりませんので、記憶で申し上げますが、松永条約局長の後、栗山条約局長、それから小和田条約局長、丹波条約局長、この残り3人の方々が条約局長になる前、どの立場におられたか記憶してませんが、ラロック発言と、それからライシャワー発言について、それぞれ意見書を書いて省内の議論に提出しておられました。栗山元条約局長のメモというのは、今回の有識者委員会で発表されておりますが、それ以外の小和田元条約局長、丹波元条約局長がそれぞれの機会、ラロックであったか、ライシャワーであったか、ちょっと今記憶しておりませんが、書いたメモも非常に印象に残るものでありました。いかにこの問題を乗り越えるべきかということについて、あらゆる知恵を絞って賢察をしようとしたメモで、今回発表されていないのは非常に残念でございます。主なものはそういうものだったと思います」

 −−あと4つあると思いますが、ご記憶にありすか

 東郷氏「ちょっと申し訳ないんですが、今すぐ出てきません」

 −−小和田メモ、丹波メモはどうせよと。この問題にどう対応せよと述べておられたのでしょうか

 東郷氏「記憶では、諸先輩のメモの大筋は非核二・五原則という方向でこの問題を収斂し、それをきちっと国民に説明すべきであると。大筋そういう方向だったと思います。しかし、それぞれのメモにおいてのニュアンスの問題があり、これはメモをもう一度読んでみたいと切に思っていた次第です」

 −−その5つの箱を谷内局長、ならびに藤崎局長に引き継いだわけですが、そのときに外務省は文書管理規定に基づいて文書番号が付けられると思う。文書番号がきちんと付けられていたのでしょうか。また文書番号はどこかに記録されているのでしょうか

 東郷氏「まず、引き継ぎの形につきましては、後任の条約局長でした谷内局長には、その5つの箱と、それから7ページの文書を引き継いだと記憶しております。その第1の箱の中の一番上に乗せて引き継いだと。藤崎局長には、その7ページの文書だけを封筒に入れてしかるべき形で送付したと。したがって、文書そのものは、藤崎局長には引き継いでおりません。それから番号などは一切とっておりません」

 −−そのときに文書管理番号をとられなかったのは何か意図があったのでしょうか。あまり外へ出すべきものではないということだったのか。それとも、個人的な書類であるという認識だったのか

 東郷氏「個人的な書類というのには、当たらないと思います。しかし、条約局長室の中に先輩の条約局長の方々が残し、それから私も若干それに加えた。そういう条約局長室に残っていた書類で、そういうものとして後任の条約局長に引き継げば、十分この文書の内容、重みというものを判断し、きちんと対処してくれるものだろうと思っておりましたので、文書番号をとることは、全く考えませんでした」

 −−先ほど有識者委員会に7ページのメモのコピーを渡した。そこで返還したと。その元になっているフロッピーは物理的にファイルを内在したまま存在しておりますか

 東郷氏「存在しております」

 −−先ほどの服部委員の質問だったと思いますが、東郷参考人が91年以前、持ち込みがあり得るとおっしゃいました。先ほどの高橋・マウワーの会談記録の中で、持ち込みというのは陸上であるとおっしゃいましたが、そうすると先ほどの核持ち込みがあるということは、陸上に核が持ち込まれたことがあり得るという認識なのか。それともNCNDで船に積んだ核兵器が港に入っていることがあり得るというご認識なのか

 東郷氏「船に載った核兵器をNCNDのもとに実際問題、米国が日本の港に持ち込んでいることもあり得るという点を申しました」

 −−用語が問題になっているのは、持ち込みが日本語で何を指しているのか。陸上へ上げるのが持ち込みなのか、一時寄港も持ち込みなのかということがあるが、具体的に持ち込みは定義上どういうことで、核を積んだ船が港に入るのは何と呼ぶのか。それぞれ英語で外務省と国務省が会談するときには、何と呼んでいるのか

 東郷氏「持ち込みはイントロダクションという言葉が使われていたと記憶してます。寄港、これは私の今の記憶では、ポート・エントリーであったのではないかと思います。それ以外に通過、トランジットという言葉が使われておりました」

 −−トランジットは、領海をいわば無害通航するのがトランジットなのか、船に積まれた核が一時寄港して出ていくのもトランジットなのか

 東郷氏「記憶で申し上げますが、過去の国会答弁などで、トランジットというのが無害通航という形で、本当に領海の中をさっとかすめて通っていくのか、それとも領海の中に入ってしばらくの間、遊弋してそのまま出ていくのがトランジットなのか、そういう点について国会の中でいろいろ議論があったと思います。したがって、通過というものがそもそも何なのかと。先ほど斉藤参考人から三木大臣のときに通過についての定義が変わったという話がありましたけれど、まさに通過、すなわちトランジットとは何かということ自体が過去の経緯で大きな問題の1つになっていたように記憶しております」

 −−斉藤参考人ならびに東郷参考人にうかがう。有識者委員会は4つの密約について調査が行われた。知る限り、これ以外に密約がありますか。もしあるとすれば、どんなことに関する密約か

 斉藤氏「この4つの密約かどうかという点は別にいたしまして、有識者委員会はいろいろと区別をして慎重に言葉を使っていると思います。これ以外に、密約あるいはそれらしいものがあるかというご質問に関しては、私はないと思っております」

 東郷氏「私もないと思っております」

 −−斉藤参考人が事務次官でいらしたとき、条約局長であったとき、30年ルールで公開の時期が来ることになっていた文書があると思います。その公開の時期がきた文書の中で、実際にどれぐらいのものが、割合として何パーセントのものが公開をされたか。公開されなかったものは、誰の判断で公開しないことにしたのか

 斉藤氏「公開される割合は、数字は、なかなか難しいご質問でございますが、非常におおざっぱなことを申し上げれば、審査の対象になった文書の8割程度が公開されていたのではないかと思います。公開、非公開の最終決定権が誰にあるかということですが、記憶で申し上げますが、外務省の文書公開規則、あるいは正確な名前は違うかもしれませんが、私は官房長の決裁によることになっていたと記憶しております」

 −−斉藤参考人が在職中、公開されていなかった、いまだに公開されていないもの、例えば、どんなものがあるでしょうか

 斉藤氏「例えば、日米安保条約に関する1960年代の記録、全部ということではございませんが、その一部。それから日ソ平和条約交渉、後に日露平和条約交渉。失礼いたしました。日露になってからはまだ30年たっておりません。日ソ平和条約交渉に関する文書。これらは公開になっておりませんでした」

 −−その文書は今、こうした密約について調査が行われ、内容が公開されるようになった今日、当時非公開とされた文書が公開されることについて、まだ問題があるとお考えでしょうか

 斉藤氏「ケース・バイ・ケースであろうと思います。今回、こういう新しい状況のもとで、再審査をしても、やはりこれは公開できないという結論に至る文書というのは、あり得ると思います」

 −−どういう理由で公開できないとことになるんでしょうか

 斉藤氏「外務省の公開、非公開の基準としましては、公開の原則の例外として、国の安全を害するもの、個人の利益を害するもの。この2つが上げられてますが、そのいずれかに該当すれば、やはり公開しないという結論になると思います。具体的に、今から私が予断するようなことは申し上げるべきではないかもしれませんけれども、日ソ平和条約交渉の記録。いまだに交渉が続いている問題ですので、これを公開するということはロシアとの間の交渉に悪影響を与えることがあり得る。そういう判断になることもあり得るかと思ってます」

【関連記事 核密約】
衆院外務委員会参考人質疑(服部良一議員)
衆院外務委員会参考人質疑(斎藤議員)
衆院外務委員会参考人質疑(東郷和彦元外務省条約局長意見陳述)
衆院外務委員会参考人質疑(鈴木宗男委員長の総括質疑)
衆院外務委員会参考人質疑(斉藤邦彦元外務事務次官意見陳述)
20年後、日本はありますか?

ブログ市長を「専制君主」と痛烈批判 中田氏(産経新聞)
阿久根市の口座差し押さえ命令(読売新聞)
「らき☆すた」住民票大量売れ残り、廃棄の危機(読売新聞)
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」−東京地検(時事通信)
重体の小3男児も死亡=死者4人に、堤防道路事故−名古屋(時事通信)

温暖化ガス削減「果たさねばならぬ」=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日午前、首相公邸前で記者団に対し、地球温暖化対策基本法案について、2020年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減する目標が明記されたことを挙げ「非常にいいものができたと思っている。これを果たさなければならない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
温暖化ガス25%減明記=排出量取引、1年以内に制度案
グルジア支援を継続=岡田外相
上海万博訪問を検討=唐前国務委員に伝える

「被爆ザクラ」の苗木、盗まれる=平和記念公園、高さ1メートル−広島(時事通信)
主に陸で活動した両生類=3億年前の化石発見−米国(時事通信)
昨年衆院選、1票の格差「違憲」…福岡高裁(読売新聞)
上海万博訪問を検討=唐前国務委員に伝える−鳩山首相(時事通信)
昨年衆院選、名古屋高裁も1票の格差「違憲」(読売新聞)

元女優の畠田理恵さんが乗用車で事故(産経新聞)

 13日正午ごろ、横浜市港北区の日産スタジアム近くの路上で、元女優の畠田理恵さん(本名・羽生理恵さん)(39)の運転する乗用車が中央分離帯に乗り上げる事故を起こした。畠田さんにけがはなかった。神奈川県警は、畠田さんが運転を誤ったとみて、詳しい事故原因を調べている。

 畠田さんは昭和62年に「ここだけの話〜オフレコ〜」で歌手デビュー、その後女優としても活躍。平成8年に将棋棋士の羽生善治さんと結婚し引退していた。

【関連記事】
日本人ファン27人けが ヨン様撮影を韓国で見学中
愛染恭子あわや…炎上沈没船に乗っていた
ロバート秋山さんとインパルス堤下さんが玉突き事故
石原軍団・池田努、ホーム転落男性を救った
MEGUMI、人身事故で「相手の方に心からお詫び」

朝鮮学校、無償化検討 個人崇拝の実態無視 教科書で金父子・先軍礼賛(産経新聞)
<文京区長>育休取ります 自治体首長で初(毎日新聞)
甲子園歴史館にゆかりの品寄贈 “球児の母”尼宝館元女将(産経新聞)
山内衆院議員の元秘書再逮捕=融資名目で4000万詐取容疑(時事通信)
【アニマル写真館】「シタツンガの赤ちゃん」 神戸市立王子動物園(産経新聞)

もんじゅ、耐震安全性も「確保」=報告書ほぼまとまる−経産省(時事通信)

 1995年のナトリウム漏れ事故で運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の耐震安全性を検討する専門家の委員会が11日、経済産業省で開かれ、「耐震安全性は確保されている」とした同省原子力安全・保安院の報告書を大筋で了承した。近く、正式な報告書をまとめ、国の原子力安全委員会で審査する。 

【関連ニュース】
原発利用を明記=温暖化対策法案に
政府、ベトナムに原発売り込み=鳩山首相がトップセールスへ
「排出口詰まり逆流」=放射性廃液漏れの調査結果
もんじゅ再開へ申し入れ=試験運転計画書も提出
安全委も運転再開容認=停止中の高速炉「もんじゅ」

<雑記帳>センバツの東海大望洋にハバノリ贈る 千葉(毎日新聞)
最大波発表値の1.5倍 チリ大地震津波(河北新報)
今年のアカデミー賞を占う 「アバター」「ハート・ロッカー」事実上の一騎打ち(産経新聞)
キャメロン監督 原爆「映画化の意思変わらず」(毎日新聞)
桜植樹、月内にも300本達成へ、大阪の実行委(産経新聞)

<盲導犬事故死>育成費基に294万円賠償命令 名古屋地裁(毎日新聞)

 財団法人「中部盲導犬協会」(名古屋市港区)が、トラックにはねられて死んだ盲導犬の育成費など約600万円の損害賠償をトラックの運転手と運送会社に求めた訴訟の判決が5日、名古屋地裁であった。松田敦子裁判官は「盲導犬は社会的価値を有し、育成に要した費用を基礎に考えるのが相当」として、盲導犬が事故に遭わなければ活動できた残りの期間を基に算定した計294万円の支払いを命じた。

 一方、一緒に事故に遭った視覚障害の熊沢尚さん(74)=静岡県=が運転手らに求めていた慰謝料支払いについては、松田裁判官は請求を棄却した。

 訴えによると、協会は盲導犬のラブラドルレトリバー「サフィー」(当時6歳、雌)を熊沢さんに無償貸与。熊沢さんとサフィーは05年9月26日、静岡県吉田町の交差点で、青信号の横断歩道を渡っていたところ、右折してきたトラックにはねられ、熊沢さんは2カ月の重傷、サフィーは即死した。【式守克史】

【関連ニュース】
しっぽの気持ち:盲導犬を見かけたら=渡辺眞子
eye:盲導犬育てた受刑者 慈しむ心・寛容の心、教えてもらった
盲導犬:「活動範囲が広がる」 鳥栖の池内さんに「ジルコン」貸し出し /佐賀
補助犬:「シンシアのまち」宝塚市、健康管理に助成 10年度予算計上 /兵庫
NIE:視覚障害者の生活は? 毎日新聞・遠藤記者、大阪・真田山小で授業 /大阪

<白浜町長選>再選したが残り任期は19日 また選挙実施へ(毎日新聞)
福井・もんじゅ企業、敦賀市長のパーティー券計222万円購入(産経新聞)
自宅たまり場に大麻吸引=少年ら4人逮捕、家出中学生も−大阪府警(時事通信)
【ニッポンの食、がんばれ!】大豆レボリューション(産経新聞)
<恐喝未遂>「みかじめ料」要求容疑で組員逮捕 愛知県警(毎日新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
アフィリエイト ホームページ
競馬サイト
カードでお金
クレジットカードのショッピング枠を現金化
借金整理
情報起業
無料ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    みっくみく (08/27)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    志波康之 (01/16)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    オリンキー (01/03)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    玉木よしひさ (12/29)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    ナーマソフト (12/24)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    ゴンボ (12/18)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    ちょーたん (12/14)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    俊之 (12/05)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    機関棒 (11/27)
  • フォロワー17万人超えも…引退!? 政界の暴れん坊 浜田幸一さん(産経新聞)
    すぷらっしゅ (11/16)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM